花の影を慕いて

花の影を慕いて

英国貴族社会をモデルにした異世界の王道の恋愛ファンタジー。

面白かったらぜひ拍手投票お願いします。
作者の制作モチベーションが凄く上がります!

  • ミモロン2014.08.30

    《花の影を慕いて/あとがき》

    (元々、上の作品紹介の場所に書いていたのですが、あとがきを追記すると、内容が長くなってしまったかも…と思ったので、コメントの方に入れました:作者)

    少し長い引用になりますが、当作品のバックグラウンドとなった詩をご紹介します:

    ------------
    『生の行路』(ドイツ詩人ヘルダーリン・作/手塚富雄・訳)

    もっと偉大なことを求めておまえも昇ろうとした、しかし愛は
    私たちすべてを引きもどす。悩みはもっとつよい力で私たちの軌道を下にたわめる。
    だが私たちの生の虹が
    ふたたび大地に戻るのは意味のないことではない。

    昇るにせよ、下るにせよ、物言わぬ自然が
    未来の日々を思念のうちに孕んでいる聖なる夜にも、
    またはひびきの絶えた冥府にも、
    愛のいぶきは吹きかよっているのではないか。

    このことをわたしはようやく知った、この世の師たちとはちがって、
    万物をたもつおんみら 天上の神々は
    わたしの知るかぎり 心して
    わたしをみちびいて平坦な道をいかせはしなかったのだ。

    天上の神々はいう、人間はすべてのことを試みよ、
    そして強い滋養をうけて すべてのことに感謝することを学べ、
    そして知れ、自分の望むところを目指して
    敢為に出発するおのが自由を と。
    ------------

    「虹」=「人生の“軌道”」と言う風に解釈しています。
    虹が大地から出て大地に帰るように、人生には上りもあり下りもあり、「人生いろいろ」…と思うのであります♪

  • ミモロン2014.08.23

    作者のミモロンです。
    早速のコメント、どうも有難うございます!(*^▽^*)

    何だかすごく入り組んだ物語になってしまった…と思って、
    意味が通じるかな…とドキドキしていたので、ホッとしました。

  • 縁 柯直2014.08.23

    おおう!一気に読んでしまいました…… ハッピーエンドで良かったです。 しかもこの伏線の終息のさせ方はお見事としか。見習いたい。

趣味で、夢中で漫画を描いています。どうぞよろしくお願い致します。ご来訪、拍手をどうも有難うございます。表現幅を広げるという試みで、「小説家になろう」で、小説版『花の影を慕いて』を連載しています(2016/10/09~)。こちらも興味がありましたら、おいで下さいませ。

ページトップ

マンガハックは無料でマンガが読める・投稿できるWebマンガサービスです。マンガハックに参加して使いやすさを体感して下さい!

S