じんじーず第五十二話

1

2

作者のコメント

当然のことですが、面接官は、日々、何人もの学生さんと面接しています。そうすると、面白い位ににクラブ・サークルの副部長さんにお会いすることになります。マニュアル化され、一般化されたことを同じように話す学生さんと面接していると誰が誰かわからないという声も聞こえてきます。画一化してしまいっているのに、自分は「個性的で独創的だ」と力説されても、その他大勢の1名となるだけです。マニュアルによる対応はほどほどにされた方が、代替が不能な「あなた自身の個性」が光ると思うのですが、どうでしょうか?

面白かったらぜひ拍手投票お願いします。作者の制作モチベーションが凄く上がります!

じんじーず第五十二話

ページトップ

S