じんじーず第九十二話

1

2

作者のコメント

「Japan as Number One」は、日本特有の経済・社会制度を再評価するきっかけのひとつとなり70万部も売れた大ベストセラーです。エズラ・ファイヴェル・ヴォーゲルの日本人の学習への意欲と読書習慣を例証した本です。当時、日本人の読書時間はアメリカ人の2倍あったそうです。新聞など良く読む日本人は基本スペックが高く優秀な労働者だったということかもしれません。今では、新聞そのものが消滅するかもしれませんし、スマホゲームばかりで本すら読まないわけですから、ちょっと労働者としては難しいですね。仕事をデザインするデザイン思考で創造的仕事に進むにはゲーム的直観力は案外、有望かもしれません。

面白かったらぜひ拍手投票お願いします。作者の制作モチベーションが凄く上がります!

じんじーず第九十二話

ページトップ

S