じんじーず第百六話

1

作者のコメント

新規事業への進出は、会社の将来を支える柱を探す「探索」の旅です。既存の業務では、今後、立ち行かなくなる可能性が高く、多角化して生き残りを賭けるわけですが、リソースが絶対的に不足しています。余りジャンプした「探索」はなかなか行えませんから、周辺の境界線を越えていくことが多いのではないでしょうか?それでも未知の仕事であり、能力のある外部の人間にリソースを求める中途採用が活発になるのです。本流ではないので、我慢が必要ですが、いずれ会社の柱に育てば、そちらが本流になりますね。今だけで考えると未来が変わってきます。

面白かったらぜひ拍手投票お願いします。作者の制作モチベーションが凄く上がります!

じんじーず第百六話

ページトップ

S