じんじーず第百四十一話

1

作者のコメント

昔の「職業婦人」よりは「キャリアウーマン」の方が幅が広い言葉ですが、アメリカでは「ウーマン」という部分が差別用語だという考えもあるようです。専門職で長期にわたって仕事をする女性ですが、日本では、男性をやっけて競争に勝ち続けるような怖いイメージか、仕事しかない悲しいイメージも含まれいるのは何故でしょう?「専業主婦」との確執も顕著です。勝ち組負け組という二者選択的な硬直的思考では、後に続く女性がしり込みしてしまうのも無理はありません。オランダの様に就業時間での区別しかない(同一賃金)国もあるようですが、全人格労働の高収入か補助的作業員としての低収入の仕事しかないから専門職に偏るのだと思います。

面白かったらぜひ拍手投票お願いします。作者の制作モチベーションが凄く上がります!

じんじーず第百四十一話

ページトップ

S