RAUMER

RAUMER
  • 394閲覧(累計)
  • 5拍手
  • 0コメント
  • 2お気に入り

    時はヒトゲノムの解読が完了されて間もない頃。 ドイツ・架空都市「ラウム」では、以前より視界に入るヒトを殺す理性を失った殺人鬼が出現していた。 それは、ある特定のヒトが「ウイルスER」と呼ばれるものに感染し、身体の青銅化が起こることで突然変異したもの―。 名を「青銅の怪物」という。

    アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

    またコメントするにはログインが必要です

    すでにアカウントを持っている方はログイン

      マンガハック