最初の主人

最初の主人

最初の主人

最初の主人

最初の主人

作者のコメント

もきゅ 

ハシモはロボット処理場へ送られる列車を見送りに列車を追いかけ、ホーム落下直前でイタの放電で気絶してしまう。気絶しているハシモの電子頭脳内で過去の主人について時系列で回想が開始される。最初の主人は厳格な一人暮らしの老人であった。ハシモは家事で何度失敗してもなぜか叱責されることは無かった。ハシモはしくじりながらも学習し、自分なりに主人に仕えるようになっていった。一方、主人は徐々に病気がちになっていった・・・。

拍手して作者を応援しよう!

拍手8
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

最初の主人

マンガハック