黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

作者のコメント

黒羽漂

今までのあらすじ 本屋で出会った幽霊の過去を探っていくうちにとうとう幽霊(時絵)を殺した本人(春生)の家に乗り込んだ二人(彼方と暮月)は無実なのに自首した元猟師と一緒にお茶を飲むことに。実は幽霊の時絵も席についているが二人にしか視えていない。そんな中とうとう彼方が春生に時絵を殺した動機について春生に追及する… 時絵に絡む者たちの背景が少しずつ明らかに いやーみなさんお元気ですかー私は生きてます。 半年ほどのブランクの間(どんだけやねん)に投稿の仕方が少し変わっててあたふたしちゃった~おおぅ 無事に投稿できたかな

拍手して作者を応援しよう!

拍手56
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

黄泉聲の歌~時絵の章~20.

作者・サービス関連マンガ

マンガハック