黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

黒板少女

作者のコメント

ヤツタガナクト

その後ラクガキの犯人はとある忘れ物によって判明する。 彼は「自分じゃない。黒板が書かせたのだ。」と意味不明の供述をしており、以来同窓会などには呼ばれなかったという・・・。 色んなサイトに上げましたが、黒板のプリキュアネタに気付いた人はいませんでした。

拍手して作者を応援しよう!

拍手271
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

黒板少女

作者・サービス関連マンガ

マンガハック