「差し入れ」サービス開始!

田舎の雨

田舎の雨
  • 912閲覧(累計)
  • 10拍手
  • 8コメント
  • 5お気に入り
  • グロテスク

10Pの短篇です 女子中学生の鬱屈を描きました 鶏が死にますのでグロ注意指定しました

  • パプリカ2016.08.26

    これすごく良作なんじゃなかろーか。この年齢特有の鬱屈の感じ、すごくでてる。

  • 匿名2016.08.04

    最後のボリボリボリがまた余韻としていいです^^

  • こいづか丸2015.10.06

    >クワガタさん
    コメントいつもありがとう!
    主人公は自分の不幸しか見えてないけど、読む人が後ろ向きな気持ちにならないようには気をつけたよ。
    やっぱり最後はふっと笑わせたいです。
    電車は内側と外側、始まりと終わり、とかいろんなことの象徴として自分の中にある気がします。

  • クワガタ2015.10.04

    自分の不幸しか見えてない年頃ってあるよね。環境を受け入れられないというより自分を受け入れられてないのかな…。主人公にとって、ある程度人生を受け入れている柴田が意外でもあり鬱陶しくもあるってとこかな?でも柴田のほうが闇が深そうな気がするな。

    雨のシーンで1コマだけ電車の中にいて濡れずにすんでるとこで「何かに守られる…」って独白が入ってるのが好き。ここだけは鉄の車体に守られて濡れてないんだよね。セリフとキャラの状態がかぶってて上手いなあと思ったよ。

  • こいづか丸2015.09.13

    >匿名さん コメント嬉しいです!
    描いた後いつも、自分ひねくれてるなーと思うのですが、
    楽しんでいただけるなら、ひねくれを武器にして邁進したいと思います!
    ありがとうございます。

  • 匿名2015.09.12

    この作者さまの作品はどれもオチに含みがあって凄い好き。おもしろいです。

  • こいづか丸2015.09.10

    >匿名さん コメントありがとうございます!
    面白いのお言葉うれしいです!
    思春期の悲壮感は今思い返すと笑いになりえますね。

  • 匿名2015.09.10

    あぁ...悲しい...
    なんだか悲壮感が漂いますねw
    でも読んじゃいます。面白いと思います。

2013~2015年あたりに描いたものを順不同で掲載しました。またお会いできる日まで…

マンガハック