Paku Paku
  • 3073閲覧(累計)
  • 21拍手
  • 8コメント
  • 10お気に入り
  • SF
  • サイバーパンク
  • 料理
  • スクラップ
  • AI
  • 人工知能
  • パーキンソン病
  • pakupaku
  • 意識転送
  • 死生観

    天才と謳われたロボット技師、ダン・エレクバントは末期の肺癌にかかる。しかし彼は自身の記憶の転送に成功し、それを死の前日までバッアップデータにし、亡くなった場合、助手であるクロノに自ら開発した素体に記憶データをインストールし、生き返らせるようにとの遺言を残して亡くなった…

    • シロシビンズ2016.02.19

      ありがとうございます。最初からオチを決めていたので。それにすこしキャラクターや世界観をのせて結果的に4話になりました。

    • 匿名2016.02.18

      綺麗にまとまってますね~
      面白いです!

    • シロシビンズ2016.02.18

      完結いたしました。ご視聴ありがとうございました。

    • 匿名2016.02.14

      どーなるどーなるって感じのところでおわっとるー展開面白くて最後まで見届けたいなこの漫画

    • シロシビンズ2016.02.03

      かなりひっぱってしまいましたが、結果的に引きこまれてくれるのは副産物的とはいえとても嬉しいです。SFがテーマですが、個人的にはもう少し土臭いというか、土着的なニュアンスの世界観を作ろうと思っています。これからも宜しくお願いします。

    • 匿名2016.01.28

      良いですね!引き込まれます!

    • シロシビンズ2016.01.12

      ありがとうございます。元々は1回のみの短編の予定で書き始め、30ページ前後で完結させる予定であり、主要人物もパクパクとクロノだけのつもりでした。しかし連載にして世界観を広げてみようとした結果が現在(2話)です。恐らく4話ぐらいまでは続くと思います。どうかお付き合いして頂ければ幸いです。

    • 匿名2016.01.04

      これは続きが気になる展開!更新楽しみ!

    2010年バンドとして活動開始。現在はバンド名「シロシビンズ」を個人名にし、一人ユニットとしてインドの太鼓タブラを叩き電子音楽と同期演奏するライブ活動を行い活動中。その他、漫画、デザインなど、友人がいないので渋々一人でこなす。

    マンガハック