「差し入れ」サービス開始!

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

永遠に続け 4(前)

作者のコメント

mizu

街はお祭りで賑わっていますが、星亜は、彩緋とのやり取りを思い出してしまって複雑な心境のようです。 そして、同じ部屋に寝泊まりしている釐於子は、隣人が夜中に目覚めたりしているのをしっかり察しているようで…(余計なお世話ですが、部屋の境界線にしている布を、もう少しぴっちり閉めておいた方が良いのではないかと思います) お祭りを見に行こうと外に誘ったのは、ちょっと気分転換しようぜ的なニュアンスもこもっているのでしょう。 後半に続きます。

拍手して作者を応援しよう!

拍手730

永遠に続け 4(前)

マンガハック