ミライ小町

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

永遠に続け 7(前)

作者のコメント

mizu

お読みくださってありがとうございます。 『契約』の終了間際に突然二人の前に現れた、中央の審問官たち。『王国』に対して色々と後ろ暗いところがあるため、慧畄瑳に対しても、そして慧畄瑳の命令でずっと同行していた釐於子に対しても警戒を緩めなかった星亜ですが、ここにきて予想外の背景が明らかになってきました。

拍手して作者を応援しよう!

拍手733
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

永遠に続け 7(前)

作者・サービス関連マンガ

マンガハック