「差し入れ」サービス開始!

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

第1話「面接の練習」

作者のコメント

ムクロジ

作中の主人公のヤケドの話は、この漫画の作者である私が 小さかった頃の話です。私が小さかった頃、ヤケドをしたのに 泣き声ひとつあげずにじっと黙ってて それで親に気づかれず、手当てが遅れてちょっと ひどいヤケドになってしまったと親から聞かされた。 だから私の右足にはいまだにヤケドの痕が残っています。 もうひとつ実話の部分もあって、それはネコの交通事故を 目撃してしまったところです。ちょうど私が小学生の頃だった。 首無しのネコがびたんびたんと魚のようにはねる姿は 非常に恐ろしくて、今でも茶トラのネコを見ると あのとき見た首無しネコの死体がはねる姿を思い出します。 そんなこんなで第2話へと続きます。

拍手して作者を応援しよう!

拍手10

第1話「面接の練習」

マンガハック