「差し入れ」サービス開始!

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

先輩の死体

作者のコメント

天城 汰郎

死体性愛の僕―小暮時久(ときひさ)は中学二年に進級した春まで、自らの性癖を恥じて隠して生きていた。……はずだった。 ついに煩悩に我慢ができなくなり、死体愛好家の集う画像サイトを学校で見ているところを、上級生の市ヶ谷花聖(かのん)に知られてしまう。 しかしまた、彼女にも『特殊な性癖』があるのだというが……? 痛い青い春の桜の木の下には、何を埋めよう。解答など無い短編読み切り!

拍手して作者を応援しよう!

拍手16

先輩の死体

マンガハック