サンライズ矢立文庫大賞

第6話 雨乞い

第6話 雨乞い

作者のコメント

masaka

飢饉で雨がふらない。 このどうしようもない時、またアクマがしのびよる。

拍手して作者を応援しよう!

拍手5
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

第6話 雨乞い

マンガハック