要らぬ心配。

要らぬ心配。

作者のコメント

ブックウェイブ

息子のボケが明後日の方向へ突き抜けた瞬間だと思います。 仮にも女に生まれてこんな心配される日が来るなんて思ってもみませんでした。 ちなみに「EDって何か知ってるの?」と聞いたら知ってました息子。 あんた一体私の股間に何を見たんだ。 私、心にチ○コは持ってるかもしれませんが体には無いはずです。 ※「お母さんが心筋梗塞になったらどうしよう!?」で頭が一杯だったそうですが、どこまでぼけてるんだあんた。

拍手して作者を応援しよう!

拍手247
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

要らぬ心配。

作者・サービス関連マンガ

マンガハック