ある夜総合病院で(こんなのもあった)。

ある夜総合病院で(こんなのもあった)。

作者のコメント

ブックウェイブ

先日も書いたように、この病棟(というかこの一角)は末期がんで余命が一か月ほどの人(「いつ死んでもおかしくない人」と当時聞いてた)が固められていて、入院患者さんも意識の無いこん睡状態の人ばかりで(私が覚えてる感じでは比較的高齢の方が多い)、付き添いの人も私の母世代の女性が多いという感じでした。

拍手して作者を応援しよう!

拍手293
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

ある夜総合病院で(こんなのもあった)。

作者・サービス関連マンガ

マンガハック