コロナで・2

コロナで・2

作者のコメント

ブックウェイブ

作って貰う気満々な姉の言葉を全力で拒否してました息子。 そりゃね、このコロナの自粛期間に娘が食べたいおやつのレシピを大量に送り付けられて来たからここで「製菓学」になんて行ったら(息子の大学そんな学部無いけど)もうパティシエになるしか道が残されてないですしね! あ、一応念のためにと思ってこのあと私も「それは生きる化学か作る菓子かどっち?」と訊きましたけどね?←「多分生きる化学の方」と返って来ましたが、なんで自信なさげに答えるんだろう息子。

拍手して作者を応援しよう!

拍手315
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

コロナで・2

作者・サービス関連マンガ

マンガハック