サンライズ矢立文庫大賞2019

ひとりぼっちがたまらなかったら

ひとりぼっちがたまらなかったら
  • 865閲覧(累計)
  • 10拍手
  • 2コメント
  • 9お気に入り

    「起きたか!嫁さん!」 いくつかの記憶を失くし、見知らぬ神社で目を覚ました中学1年生・紫太郎(したろう)は、 山吹色の大きな龍に嫁と勘違いされてしまい──? 心焦がれた何かに逢いに行く、異類婚姻のんびり紀行のはじまりです。

    アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

    またコメントするにはログインが必要です

    すでにアカウントを持っている方はログイン

    ファンタジーが好きなイラスト・漫画描きです。

    マンガハック