1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

作者のコメント

もの干し竿

シャーラはクイロスが12歳の頃に死んでしまい今はいません。今もクイロスの胸に残る思い出 クイロスが子供の頃のお話。 ーあらすじー 孤児になったクイロスは、保護されたピクニャー部隊に所属する騎士と、寮生活をすることになった。 軍部に来て、初めてのクリスマス

拍手して作者を応援しよう!

拍手16
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

1章3【拝啓、ぼくのサンタクロース】

作者・サービス関連マンガ

マンガハック