第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

第二幕「勝山島のわらべ唄」

作者のコメント

朱ノ狐

明治時代、「二年前の事件を解決して欲しい」という手紙に招かれて、推理小説家の青年とその助手の少年は勝山島に訪れた。そこで幽霊を目撃し、少年は実は霊感が非常に強いということを明かす。やむなく二人は島へと立ち入るが、寂れた湯屋の光景と奇妙な娘たちに違和感を感じる。そこで「わらべ唄」を聞かされ…。 明治時代の孤島を舞台にしたオカルト・ミステリー漫画。

拍手して作者を応援しよう!

拍手194
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

第二幕「勝山島のわらべ唄」

マンガハック