༒CROSS༒
  • 13,330,753閲覧(累計)
  • 7,240拍手
  • 589コメント
  • 72お気に入り

    【※拍手画面は全て応援団様からのプレゼント】人間は全員 自分が主人公と思って生きている。だからこそ衝突・分かり合えない・事件…様々な事が起こる。そして嫉妬心は自分を見失う。けれど幾度の交差(CROSS)の末、ゆっくりと芽生えていく繋がり・温もり✿

    アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

    またコメントするにはログインが必要です

    すでにアカウントを持っている方はログイン

    • ひげ団地妻2021.09.24

      剣が和服に着替えてるわ
      よくお似合いだよね
      あたしも一緒に寝てみたいわ♡

      ★いいね★★★

    • ☆ⓐⓚⓐⓡⓘ☆2021.09.24

      11話辺り見てたんだけどその辺りはシンプルな原稿だったのに最近の原稿頑張ってるよね。
      絢也と雷の緊迫したシーンから切り替わったか。予告の説明で読みとるとここからルンルンの勇姿にむかうのかな

      ★いいね★★★

    • ポシェット♡2021.09.24

      雷は絢也と寝ることになってしまったみたいだし渡は辛いまま置き去りだにゃん(;ω;)

      呑気な通に対して心配性の剣!
      皓一なんか何をしてるのか分からにゃいwww

      ★いいね★★★★

    • えすえす2021.09.24

      時間を巻き戻せない現実をリアルに描かれたシーンやね!今はお互いの想いが届いてないだけでやり直すことは十分に可能だと思う。
      今の状況がそれを邪魔してしまっているからどうクリアしていくのか?まだ何が起こるのか予想できないこともあってそれがまた面白いよね(^_−)−☆

      ★いいね★★★★★

    • mh08485924632021.09.24

      剣の、「お前、本当に兄か?」って言っとるー(笑)
      待機するんがツボやwww
      雷ちゃんの、思い、よくわかるよ(づ。◕‿‿◕。)づ
      通もちゃんと心配しなさい!!ww

      ★いいね★★★★★

    • 小梅2021.09.24

      CROSSのトップにも使われているこのシーンは、渡君がユウ君に話す回想シーンでも、出てきましたよね。この瞬間が、雷君、渡君どちらにとっても、最後の仲がよかった時だったことを表現しているのかな。そう思うと、二人の気持ちが突き刺さるようで、本当に切ないです。オムライスを作ってもらえたり、守ってもらえたり、それだけで幸せだったと、雷君の後悔は、自分のことのように胸が痛みます。

      ★いいね★★★★★★

    • ☆ⓐⓚⓐⓡⓘ☆2021.09.23

      絢也「戦上渡マジでうぜぇわ」かなんか言ってたけど今はCROSSerが絢也うぜぇわ言ってるからな‪wうぜぇわと体調は別ものじゃない?家族じゃなくても一緒に住んでる仲間な

      ★いいね★★★★★★★★★★★

    • せいぞうさん2021.09.23

      無理矢理の愛情で誰もが満足出来るのだろうか…
      雷を自分の思い通りにしたい絢也。
      約束した雷も都合のいい話だけど、仕返しが逆効果になるとは…

      ★いいね★★★★★★★★★★★

    • ひげ団地妻2021.09.23

      今一番辛いのは渡よ
      雷と絢也がゴチャゴチャしてるうちに
      渡が弱っていっちゃうわ
      別の部屋にいる男3人たち
      異変に早く気づきなさいよ!
      それと雷が残した言葉が気になるわね

      ★いいね★★★★★★★★★

    • ポシェット♡2021.09.23

      雷が次に移そうとしてる行動と、絢也のしつこい誘いの両ばさみ。絢也はもう怒ってないと言うけど、誘いに乗らなかったらどーせまたキレるに決まってるニャン(=^ェ^=)♡w

      ★いいね★★★★★★★★★

    毎日沢山の拍手をありがとうございます。 Twitterでは本当に沢山の方々が༒CROSS༒を全力で、無償で応援して下さっています。「応援してきて良かった」と思って頂けるよう最後まで全力で頑張ります。

    関連イラスト

    CROSS (2017)CROSS (加工画)CROSS (2017)CROSS (2016)CROSS (2016)CROSS (加工画)CROSS (2016)CROSS (2016)CROSS (加工画)
    もっと見る

    マンガハック