マンガハックworks

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

12話 びばののん

作者のコメント

さぎの助

博士の今までを否定する言葉があった それは自身が死ぬまでは絶対に口にはしないだろうと決めていた言葉 それは自分にかけられることも自分が口にする事も許されない言葉 それを口にすることは 自分と手にかけてきた生物への侮辱であると教えられてきたからだ その言葉を口にする瞬間がやってきた そうしたいと「自分が」思った 「博士」ではなく「紅葉」として 「自我」が生まれた第12話

拍手して作者を応援しよう!

拍手1
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

12話 びばののん

マンガハック