それからのおはなし2「とっても前とすこし先」(本ver)