花緒士郎は身を焦がす-「紅処女」