第二十話 しょせんそんなものだ