3話 だから僕はテコ入れを思いついたんだ!