「殺戮のギャャドゥンッンソ」について