赤い星。-父思う、物語-

赤い星。-父思う、物語-
  • 254閲覧(累計)
  • 1拍手
  • 0コメント
  • 0お気に入り

    ここはかつての日本とよく似た世界。少年 秋人は、自分が生まれる前に行方不明になった、父の姿を想像する事が日課だった。とはいえ父の消息は未だ不明のままで、自分は何の為に剣を持ち、勉学に励むのか分からなくなっていた。そんなある晩、秋人は美しく、儚い「夢」を見る。これは夢をきっかけに動き始める秋人の物語。

    アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

    またコメントするにはログインが必要です

    すでにアカウントを持っている方はログイン

      初めまして。角鯨(つのくじら)と申します。幼少期から構想を考えていた「赤い星。」の漫画を制作してます。好きな食べ物はガパオライス!

      マンガハック