誰そ彼のキオク

誰そ彼のキオク
  • 1,220閲覧(累計)
  • 7拍手
  • 0コメント
  • 5お気に入り

      カズマには、ほたるという名の姉がいる。 毎朝、ほたるの姿を見るたびに カズマはホッと胸をなでおろす。 この、安心感はなんなのだろう? カズマは、大切な何かを 思い出せないでいる。 そんなカズマの前に 1匹の野良猫が現れる。 遥かなる記憶の物語がいま 紡ぎだされる。

      アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

      またコメントするにはログインが必要です

      すでにアカウントを持っている方はログイン

        中年のひきこもりです。 わずかな貯金を切り崩しながらひきこもり 絵の練習をしております。 最近は、マンガ制作にも挑戦中です。

        マンガハック