かくありなむ

かくありなむ
  • 736閲覧(累計)
  • 1拍手
  • 0コメント
  • 0お気に入り

    平安時代の国司の妾の娘に生まれたはつねは、父と父の正妻が嫌いで反発してばかり。 そんなはつねをいつも助けてくれるのは学者の祖父の教え子の萬寿丸だった。そこへ結君(ゆいぎみ)というがさつな少年が現れ…。 表紙は「かくありなん」とお読みください。

    アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

    またコメントするにはログインが必要です

    すでにアカウントを持っている方はログイン

      更新遅めですが、よろしくお願いします。

      マンガハック