じんじーず第百四十三話

じんじーず第百四十三話

作者のコメント

じんじーず実行委員会

麻布十番の「浪花家総本店」は、「およげ!たいやきくん」のおじさんのモデルとなった三代目のおじさんの店です。十番温泉も無くなり、らしさも減ってきましたが、たいやきを片手に街をぶらつくのも楽しいものです。知らずに食べても美味しいたい焼きですが、物事の素性を知ることで幅が広がります。豊かな人生って物質的なところよりも、認識できる幅の広さではないかな?なんて思います。たいやきくんも外の世界で知見を広げたかったのでしょう。外の世界を知らないサラリーマンに対するサラリーマン哀歌がヒットの要素にあったことは、今の人には理解できない部分かもしれません。脱サラしても最後は・・たいやきくんの生き方に共感したのです

拍手して作者を応援しよう!

拍手66
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

じんじーず第百四十三話

作者・サービス関連マンガ

マンガハック