じんじーず第百五十四話

じんじーず第百五十四話

作者のコメント

じんじーず実行委員会

インストラクターを付けてOJTって多いと思います。メンターとか先輩社員とかいろんな名前がありますが、要は新人に数年先の自分の在るべき姿を見せてあげることで、きちんと成長できるようにガイドが付いているのです。インストラクターも自身の数年間の成長を振り返り、更なる飛躍のため、管理職のスキルで必要な人を育てる訓練をしているのです。学ぶ=まねぶと模倣から始まります。最近は模倣がイノベーションを起こすきっかけになるという研究もあるようです。守・破・離を会社員はやっているのですね。日本の普通のサラリーマンは会社経営に必要なスキルは意外に持っているのです。本人が気づかないだけで。それも全般的教育の御蔭です。

拍手して作者を応援しよう!

拍手65
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

じんじーず第百五十四話

作者・サービス関連マンガ

マンガハック