プロポーズの日

じんじーず第百六十話

じんじーず第百六十話

作者のコメント

じんじーず実行委員会

自己啓発本って書店に溢れていて、何が良いのかなかなか選べませんね。取り合えず売れてる本でいいや!ってなる人も多いのではないでしょうか?いい本だから売れるのか?売れる本だからいい本なのか?疑問ですが、「軽く読めて」「即効性があって」「価格もそこそこ」「内容が複雑でない」本が売れている本かもしれません。さらに本屋で購入を悩んでいる消費者にトドメとして「〇〇な人は〇〇しなさい!」と命令調が多いかもしれません。映画館を出た人が暫らく主人公の気分でいるのと同じかもしれません。書籍代も映画の入場料と同じくらいなのも、そんなところからか来ているのかもしれませんね。

拍手して作者を応援しよう!

拍手49
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

じんじーず第百六十話

作者・サービス関連マンガ

マンガハック