マンガハック大賞2018

じんじーず第二百十話

じんじーず第二百十話

作者のコメント

じんじーず実行委員会

余暇というと、何だか余ったヒマな時間というニュアンスですが、自分で時間を消費できる唯一の時間かもしれません。現代人は個人の24時間を睡眠時間以外ほとんど消費に回されていますから、企業は自社の収益に繋げるために、この時間を如何に奪うかの争奪戦を繰り広げている訳です。TVの視聴時間が短くなり、ドラマも3分位で展開するストーリーを作り始めたのも、時間の奪い合いから人間が長時間同じことをすることができなくなったからかもしれません。スマホのゲームは山の手線の一駅程度で終われるように数分で決着するようになっているとの噂もありますが、TVや映画が人を拘束できなくなった時代、次はスマホが支配するのでしょうか?

拍手して作者を応援しよう!

拍手41

じんじーず第二百十話

マンガハック