じんじーず第三百十二話

じんじーず第三百十二話

作者のコメント

じんじーず実行委員会

広告宣伝をしても消費者にメッセージが伝わり辛い時代です。商品に消費者が共感しやすいストーリー(モノガタリ)と付けて商品に語らせる商法で活路を見出そうと、地方創成など頑張っていますが、消費のデリバリーと同じ様に、物語を消費者へ届ける部分が抜け落ちているので、思ったような効果が上がらないのかもしれません。「モノのお届け」から「コトのお届け」へ、世の中細分化された機械的見方から総合的なデザイン的な思考に移行していますね。

拍手して作者を応援しよう!

拍手66
今読み終わったこのマンガの更新すぐ分かる

すでにアカウントを持っている方はログイン

じんじーず第三百十二話

作者・サービス関連マンガ

マンガハック