「差し入れ」サービス開始!

じんじーず第四百十五話

じんじーず第四百十五話

作者のコメント

じんじーず実行委員会

貧困から抜け出す唯一の方法。それは「教育」!ポール・ウィルス(Paul E. Willis)の「ハマータウンの野郎ども」では、教育に背を向けた労働者たちが最後に「教育」の大切さに気付いた時には既に手遅れで一生他人の利益のために労働を続けることになる話です。マサイ族も勇敢でプライドが高く、草原の貴族と言われ、最強のウォーリアとして君臨していたところ、最も下に見ていた農業部族(土を生業とする部族)に教育で負け、政府の主要ポストを全て奪われ始めて「教育」の重要性に気付いています。教育が失われ始めたのと、日本の国力が衰退しているのは、無関係ではありませんね。

拍手して作者を応援しよう!

拍手41

じんじーず第四百十五話

マンガハック