マンガハック大賞2018

闇小噺476 特別な日のケーキ

闇小噺476 特別な日のケーキ

闇小噺476 特別な日のケーキ

闇小噺476 特別な日のケーキ

闇小噺476 特別な日のケーキ

闇小噺476 特別な日のケーキ

闇小噺476 特別な日のケーキ

作者のコメント

黒木れむ

岡花光鬼先生原作。闇小噺コミカライズ作品です。 【476】割引価格で購入したホールのケーキに包丁を入れると、ブズと音を立てて赤い液体が溢れ出てきた。怖くなって警察に通報すると「お宅で20軒目ですよ」と言われ、更に「でも貴方もどこで購入したか覚えてないんじゃないですか?」と言われた。確かに覚えがない…。今年最悪の思い出になった

拍手して作者を応援しよう!

拍手15

闇小噺476 特別な日のケーキ

マンガハック