まもり
  • 134閲覧(累計)
  • 2拍手
  • 0コメント
  • 2お気に入り

    「お姉ちゃんがいるから幸せだったんだよ」姉の死からおよそ一年。姉の彼氏に好意を寄せる“心音守こころねまもり”は、この想いを伝えていいのか、自分はどうすべきか迷っていた。どうして迷ってしまうのか、どうして言葉が出てこないのか、どうしても分からない。

    アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

    またコメントするにはログインが必要です

    すでにアカウントを持っている方はログイン

      マンガハック