サンライズ矢立文庫大賞2019

散る秋

散る秋
  • 134閲覧(累計)
  • 2拍手
  • 1コメント
  • 3お気に入り

      散る秋(とき) 神社の樹の近くにいつの間にかいたホオ。 彼女は数ヶ月過ごすと数十年先まで眠りについてしまう。 まるで咲いてすぐ散る花のように… 何も分からない状態から抜け出したのは人との出逢い 散る秋(時代)の中で変わるもの、変わらないものは。 「あなたは独りじゃないよ。」

      アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

      またコメントするにはログインが必要です

      すでにアカウントを持っている方はログイン

      • おさら2019.06.09

        わあー!マンガハックで拝読できる日が来るとは…。
        有難うございます。ホオちゃん大好きです。次の散る秋も
        全力待機してますね。

      専らアナログで絵を描きます 独特な世界観の創作を作っていきたいです

      マンガハック