てるてるvs雨さん 再構築・簡易版

てるてるvs雨さん 再構築・簡易版
  • 70,098閲覧(累計)
  • 254拍手
  • 44コメント
  • 63お気に入り
  • 性的

この世には、雨という妖怪にも似た存在がいる。 架空の日本。平凡な日常を過ごす小学生・五十嵐喜茂子は、6月13日に行われる「語り」の語り手に選ばれたと、 雨から伝えられる。…雨の語り手・風或とゆかりある雨・達正から、「彼女を救って欲しい」そう頼まれる事になる。…少女は、二雨に何を与えていくのか。

アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

またコメントするにはログインが必要です

すでにアカウントを持っている方はログイン

  • おさら2020.07.26

    ヨウさま>まさかの、主要キャラクター以外の本編後ifを考えて下さって
    有難うございます…!該当するキャラクターが報いを受ける展開は、
    本来ならあってすっきりするものだと思っています。
    しかし表現が面白くて素敵ですw姉さん…!wそれだけ締め括りに思う事があったのだと、有難く思います。脱穀機END。

  • ヨウ2020.07.26

    児童の心から見た人の最終話後の考察。
    これは喜茂子が町を去って代りに姉がいびられ、これまでの事実を受け止めた姉が町人達を活造りのように綺麗に捌いて、姉も自責の念により進んで脱穀機に入るハッピーエンド!

  • おさら2020.07.24

    天城汰郎さま>沢山のとても、嬉しいお言葉…有難うございます!
    本当に嬉しいお言葉を山ほどに頂いて…私は幸せ者です。喜茂子の事、
    雨、てるてる坊主達の事…長い時をしっかり見守って下さって、物語が大好きと
    仰って下さって。本当に有難うございます…!
    私も、天城さんを、作品達を、応援しております。感謝です。

  • 天城 汰郎2020.07.24

    そしておさらさん、本当に本当に、素敵な作品を生み出してくれてありがとうございます。
    これからも応援させてください。
    あなたの描く物語が大好きです

  • 天城 汰郎2020.07.24

    歪んだ集団圧力や、誹謗中傷に対して、静かに…強く、反抗する勇気を、喜茂子ちゃんから貰いました。
    それから、雨さんたちの素直な心に大きな拍手を贈ります。人の言葉によって自分を改めることがどれほど難しいことか、自分の犯した罪を認めることがどれほど恐ろしいか、自分の弱さを認めた上で、笑顔を見せることがどれだけ勇気がいることか………。
    風或さん、あなたは本当にチャーミングな雨さんです。
    達正さん、あなたは誰よりも優しい雨さんです…。剛さん…間違いを認めて叫んだあなたは、かっこよかったです。安等木さん…可愛い雨さん、あなたには笑顔が似合います。他の皆さんも…心から幸せを願っています。

  • 天城 汰郎2020.07.24

    まず、完走おめでとうございます、お疲れ様です!
    最終話まで読んで、喜茂子ちゃんと雨さんたち、てるてる坊主さんたちがすごく愛おしくなって…全員抱きしめてあげたい気持ちでいっぱいです。
    そして、全話を通して…ブレずに冷静で客観的な自分を貫いている喜茂子ちゃんは、きっとこの先大人になって広い世界に出たときに、もっともっと輝いて…人を導くことができるだろうと、勝手ながら、確信しています。
    彼女の強さを、美しさを、雨さんたちを笑顔にしたことを、私はこの目で見たのですから。
    達正さんを慕う喜茂子ちゃんのように、喜茂子ちゃんを慕う私がいます。

  • おさら2020.07.23

    匿名さま>大変ご丁寧にご感想下さって...有り難う御座います!
    風或に対しての救い方についてや、希望がなんであるのか。的確に読んでいらっしゃって驚き、また、労いのお言葉も感謝ばかりです。
    完走できましたのは読者さまのおかげ...重ねて、有り難う御座います。

  • 匿名2020.07.23

    でも最後には達正が居る。そう、達正が居てくれるのだ。
    それだけの事が、喜茂子にとって何よりの、唯一の希望なのだろう。
    側から見れば大人びた様に見える喜茂子も、まだ子供なのだと。そう思うととても切なく心苦しい。
    だからどうか、その希望がいつまでも続きますように。楽しませて頂きありがとうございました。完走お疲れ様です。

  • 匿名2020.07.23

    最終話まで読了。
    あの風或をどう救うか見ものであったが、「子供ではなかった」と真っ向から指摘。そう来たか。
    正直、彼女は気付けないままかと思っていたので、良い意味で裏切られた。
    風或の吹っ切れた笑顔を見てこちらもとても安心した。

    全ては上手くいき、大団円。…になると思いきや、そうも行かないのがこの作品の様だ。
    あまりに不穏な終盤で、これまでの出来事が数日間だけだったと思い知らされる。
    この不穏な日常は続いて行く…続いてしまうのだと。

  • おさら2020.07.22

    匿名さま>コメント有難うございます、素敵な捉え方をして下さって…
    驚きと、感謝の気持ちでいっぱいです。自分の存在を知ってくれる…この作品では
    彼の事ですね。お付き合い、本当に有難うございました。

お世話になっています、代表・メイン創作「てるてるvs雨さん」。 よろしくお願い致します…! なかなかまとめた投稿が出来ず 申し訳ないです。随時更新の場合 1pずつが多いです。

関連イラスト

if物語・大人喜茂子と大達正

マンガハック