ミライ小町

それでは灯りを消しましょう。

それでは灯りを消しましょう。
  • 11,820閲覧(累計)
  • 45拍手
  • 23コメント
  • 32お気に入り
  • グロテスク

蝋燭のもと語られる、奇奇怪怪の物語。静かに、端的に、残酷に。 ※作者が見聞きしたもの(洒落怖、TV、書籍、会話etc…)を元に、少々・あるいは大幅に改変したり、時にほぼオリジナルな怪談を漫画にしています。 そういったものに嫌悪感を感じる方、そもそも怖い話が嫌いな方はご注意下さい。

アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

またコメントするにはログインが必要です

すでにアカウントを持っている方はログイン

  • 城内2017.07.12

    どちらかというとスマホじゃなくて、ガラケー時代の物語ですね。ホラーにも時代の波があるのか。ちなみに、私は絶対開けません

  • カサネビキッカ2017.07.11

    Perryさん:ありがとうございます(^ ^)!少しでも納涼になっていれば幸いです♪

    城内さん:地味にあーでもないこーでもないと考えてる部分なので(笑)、嬉しいお言葉です(*´∀`*)

  • 城内2017.07.11

    読み終わったあとの作者コメントで止めを刺されること多数っす

  • Perry-k2017.07.11

    久しぶりに読むとやっぱり良いですね〜(≧∇≦)

  • カサネビキッカ2017.07.08

    城内さん:恐らくは呟いたこと…というかどういう気持ちで呟いたのかという部分が強いのかなと(^ ^)

  • 城内2017.07.08

    「あんなこと」が呟いたことなのか、お腹をコネくり回したことなのか

  • カサネビキッカ2017.07.04

    匿名さんありがとうございます!
    この後もこんな感じで続いていきますので、楽しんで頂ければ幸いです。

    城内さんいらっしゃいませ♪
    こちらでもよろしくです~(⌒∇⌒)

  • 城内2017.07.04

    はたして恐ろしいのは人の想いかこの世の理か

  • 匿名2017.07.04

    1話完結で百物語みたいですごく面白い。

  • カサネビキッカ2017.06.29

    したまちさん見つけていただきありがとうございます!
    こちらこそよろしくおねがいします~♪

マンガハック