ミライ小町

夜のロボットその3

夜のロボットその3
  • 74,377閲覧(累計)
  • 329拍手
  • 37コメント
  • 114お気に入り

    「夜のロボット」第三部です。秘密組織に所属する裏宇宙のロボットを操る子供たちが新宿の街で戦う…という話にする予定です。ここまでの話は「夜のロボット」及び「夜のロボットその2」をご覧ください。

    アカウント登録するとこの作品の更新がすぐ分かる

    またコメントするにはログインが必要です

    すでにアカウントを持っている方はログイン

    • 匙田2019.11.10

      >岩井田さま
      おっしゃることその通りと思います。確かに私自身もったいないと感じてもおりまして、これはこれで狙ってやってる訳ですが、閲覧数など見ますと…。
      設定への疑問は、なぞ解きとして引っ張る部分、という期待もあるのですが、単なる矛盾と映るなら、うまく描けてないのかもしれません。
      でも、言い訳するわけではありませんが、2001年とかキンザザとか、ゴダールの映画とかですね。容易にわからないけどとにかく凄いという世界、私の漫画で引き合いに出すのは大変おこがましいですが…、受け手としての私は、いつでもそんなやつが見たいのですね。
      大変刺激的なお話頂けてとてもうれしいです。またがんばりたいと思います

    • 岩井田治行2019.11.08

      匙田さん、こんにちは。明確なテーマがあるようですから、それを読者に伝えるための「わかり易さ」も必要ではないでしょうか? 再読に耐えるかどうかは、作品が面白いかどうかで、必ずしも「わかりにくい」ことが再読に繋がるとは限りません。「007」や「ロッキー」などは、いずれもわかりやすい娯楽ですが繰り返し観て楽しめます。「ゴールドフィンガー」など何度観ても飽きませんから♪ むしろ物語の設定部分に矛盾があると何度読み返しても理解できないということにならないでしょうか? それがとてももったいないと思うのです。ただ「わかりにくさ」が匙田さんのスタイルなら貫くべきです。失礼しました。

    • 匙田2019.11.04

      >岩井田さま
      お褒めの言葉大変ありがとうございます。
      でも、確かにご指摘の部分はうまく行ってない部分かも知れませんね。
      簡単に言いますと、こんな混沌とした現実でも決して負けちゃいかん…てなことがテーマでして、勢い現実世界を描こうとしますと、めちゃくちゃがまかり通り、辻褄も合わない、といったような次第で…、それを楽しんで読んで貰おうという部分と、違和感に引っかかって欲しい部分と考え考えやっている訳ですが、やはり難しいですね。
      自分としては、何度も読み返して貰えるような漫画、を目指しているつもりですが、それにはそういう簡単に理解できない部分が大事と思うのですが…、上手く描けてる事を祈るばかりです。

    • 岩井田治行2019.11.03

      匙田さん、こんにちは。ぐちゃぐちゃ(混沌)がテーマですか。こういう作品に理屈は不要ですね。私は性格的に几帳面なところがあって、どうしても細かく描いてしまうので、逆にぐちゃぐちゃが描ける人が羨ましいです♪ ぐちゃぐちゃってなかなか描けないですから。昔の漫画には2色刷りのページが結構ありましたが、匙田さんの漫画には懐かしい2色刷りの世界を感じます。それなのに古さを感じさせないという不思議な感性をお持ちのようです。これは非常に珍しい才能で、恐らく生まれ持ったものなのでしょう。大変貴重なものですよ。

    • 匙田2019.11.01

      >岩井田さま
      コメント大変ありがとうございます。
      確かに物語や設定が???で、混乱されている方も多いでしょうね…。
      ただこれはテーマ的に、ぐちゃぐちゃ混乱した状況を描く、というのが主目的でして、もうある程度仕方ないかと思っております。
      またロボットの設定ですが、これはロボット自体に輸送力があるわけでなく、ロボットを含め、ある「脱出システム」を"組織"は開発してるのですね。
      なぜロボット同士戦わされているか説明にはなってませんが、しかしこの辺の辻褄の合わなさが、実は"組織"の正体ともからむ話の核心だったりしまして…。今それを書く訳にはいかない訳です…そんなことで回答になってますでしょうか?

    • 岩井田治行2019.10.29

      こんにちは。とてもユニークな作品だなぁと感心して読んでいるのですが…
      物語がどうも???で混乱しています。
      反物質によって狂わされた大人たちの争いに子供らが巻き込まれるという構図はとても面白いです。ただ、消滅する地球から脱出する”ノアの方舟”として作られたロボットという設定がよくわからない。そのロボットに輸送力ではなく戦闘能力があるのはなぜなのでしょう?
      地球消滅のエピソードとロボットの戦いのドラマがうまくリンクしていないように感じます。敢えて分かりにくくに創ってるのだとは思いますが… この先、ニュートリノでも出てくるのかなぁと興味津々です。失礼しました。

    • 匙田2019.05.28

      >uminekoさま
      コメントありがとうございます。
      だんだんシリアスめな場面が多くなってきましたが、ユルさも忘れずに行きたいと思います。どうぞこれからもよろしく。

    • umineko2019.05.24

      最近読んだ漫画の中でいちばん面白いです。
      シリアスさとユルさのバランスが最高です。
      これからもたのしみにしています。

    • 匙田2019.03.19

      >missileさま
      コメントありがとうございます。キャラクターがたくさん出て複雑化して混迷化して相当分かりにくくなっているだろうと危惧しておりますが、、お言葉たいへんうれしいです。がんばります!

    • missile2019.03.17

      超サイコーですね!キャラクターが増えて不思議な人間関係がより不思議になってて楽しくって面白いです!
      絵もコマ割りも継続して描いてる甲斐あってよりサイコーです!!
      これからも頑張ってください!!

    (匙田洋平) 「夜のロボット」は月一回更新です。一部二部は一応完結しましたが、物語は第三部にて継続中です。 今さらですがツイッター始めました。

    マンガハック